HOME > 記事のINDEX
1/1

2007年1月1日


「男の隠れ家」2008年2月号、あいであ・らいふ、2008年2月。定価:680円(税込)。

 来る2008(平成20)年3月15日のダイヤ改正で寝台列車の「北斗星1・4号」(上野-札幌間)、「日本海2・3号」(大阪-青森間)、「銀河」(東京-大阪間)、「なは」(京都-熊本間)、「あかつき」(京都-長崎間)が廃止となる。どの列車も年間を通じた乗車率が3〜4割と低迷しているために姿を消すという。
 利用客が少なければ車両の更新もままならない。それどころか、安全への投資もおざなりとなる。
 今回のダイヤ改正で「銀河」が廃止となるのは、JR東日本が東海道線東京-熱海間に在来線デジタル列車無線システムを2008年度末ごろに導入するからだと聞いた。「銀河」はJR西日本宮原総合運転所に所属する24系客車によって運転されているから、これらの客車を在来線デジタル列車無線システムに対応させるかどうかの判断はJR西日本に委ねられている。結局、JR西日本は「銀河」への追加投資を行わずに廃止の道を選んだのだ。
 同様の選択は東京-熊本間の「はやぶさ」と東京-大分間の「富士」とにも突きつけられる。両列車ともJR九州熊本鉄道事業部熊本車両センターに所属する14系客車で運転されているが、恐らくJR九州は在来線デジタル列車無線システムを14系客車に搭載することはないものと思われる。したがって、今回は廃止を免れたものの、次回のダイヤ改正では確実に姿を消すに違いない。
 寝台列車がまとめて廃止されることで、鉄道メディア界の動きも慌ただしくなってきた。多くの雑誌等で寝台列車の特集が組まれるようになってきたからである。鉄道ブームと言われている昨今、一般のメディアでも寝台列車を大きく取り上げるようにもなってきた。 もともと寝台列車は乗車率の割には人気が高い。これに去りゆくものへの郷愁と折からの昭和回想ブームとが加われば取り上げたくなるのは無理もない。人々が求めているのだから、それに応えるのもメディア側の人間としての役目だろう。
 寝台列車ブームについては理解できるものの、筆者にはどうにも苦々しく感じられる。かつて「一個人」という雑誌の寝台列車特集でコメントさせていただいたことがあるが、同誌の記事はお世辞にも褒められた内容ではなかった。同誌に限らず、こうした寝台列車特集では通り一遍の寝台列車の紹介と寝台列車への賛歌がたいてい掲載される。ここまでならまだ許容できるが、決まって新幹線を貶めるのはいかがなものかと思う。新幹線についての著作物を筆者が多数手がけたために情が移ったといった安易な理由ではない。今日の新幹線の発展は人々が求めた結果であり、同様に寝台列車が姿を消すのも人々に必要とされなくなったという単純かつ厳然とした理屈が理解されていないからである。「寝台列車が好きだということはわかったから、もう少し社会の成り立ちを勉強してほしい」とさえ感じたほどだ。
 前置きが長くなりすぎたが、今回取り上げる「男の隠れ家」の「個室列車・全線走破の旅」もブームに安直に便乗した企画だと感じ、特に読んでみようという気は起きなかった。撮影が広田尚敬氏と広田泉氏と聞いてもである。「せっかくの写真も拙い思い入れによって台無しにされているに違いない――」と考えていた。
 ところが、広田尚敬氏のブログ「広田尚敬の鉄道コラム」の2007年12月18日付けの記事、「北陸のD300」を拝見すると、撮影した9列車のうち、「カシオペア」を除く8列車の文章は撮影当事者である広田尚敬氏または広田泉氏が手がけたのだという。早速手に入れて読んでみると、期待に違わない出来だった。
 どの列車の記事も詩的に記されてはいるが、過度の郷愁には走っていない。それどころか、少し寝台列車に距離を置き、撮影者自身との対峙ぶりが冷静に記されている。
 特に秀逸だと感じた記述は「あけぼの」についての広田尚敬氏の文章と「サンライズ瀬戸」についての広田泉氏の文章だ。
 前者では寝台車のカーテンのすき間から差し込む光が織りなす光景に記事の大半が費やされていた。ここでは寝台列車や鉄道写真についての説明は省かれ、人類が偶然発見した写真の原理について記されている。広田尚敬氏は「あけぼの」という列車名から、自分が何年もの間手がけてきた写真への感動や感謝を記そうと決めていたのだろう。こういう文章は一つの物事を何十年と続けないと思い付かない。
 いっぽう、後者では冒頭の段落で「サンライズ瀬戸・出雲」に使用されているJR東海とJR西日本の285系電車について「スマート」と評されていた。この一言が寝台列車の歩みと現状、そして問題点と今後をすべて凝縮している。長々と説明するよりも的確な一言――。これはまさに今回の書評をダラダラと記している筆者に当てはまることだが、簡潔に記すことの重要性と力強さを改めて認識させられた。
 お二人がもしも鉄道についてジャーナリステックな文章を記すようになったとしたら、筆者は他の仕事を探さなくてはならない。だが、当面は写真の撮影が忙しいと思われるのでその心配はなさそうだ。何しろ、記事中に掲載されている写真は同誌の他の写真を圧倒している。
 肝心の写真についても触れておこう。
 「日本海」が紹介されている101ページの右下には青森駅に停車中の電気機関車を写した広田尚敬氏の写真が載っている。この電気機関車はあたかも力強く走行しているように感じられ、寝台列車のもつ夢や物憂さといった魅力を最大限に引き出していると言えるだろう。どのような技法を用いればこのような作品を撮ることができるのかは筆者にはわからない。
 64ページには「カシオペア」のラウンジカーから力強く牽引するディーゼル機関車を写した広田泉氏の写真が掲載されている。背景は東山魁夷氏の絵画を思わせる美しい黄色一色に染まり、とても美しい。機関車は荒々しく走ってはいるが、どこか安らぎを与える。寝台列車はやはり機関車が牽引する列車であるほうが頼りになると再認識させられると同時に、そのために発進時や停車時のショックといった乗り心地の問題をついに解決できなかったという事実も改めて思い起こされてしまう。
 筆者には写真の良し悪しを見る目はない。だが、「創造的な写真はかくあるべし」だと言えることだけは確かである。

鉄道写真撮影ガイド


廣田尚敬、『鉄道写真撮影ガイド』、朝日ソノラマ、1976年10月。定価:550円(税別)。ただし現在は絶版。

 鉄道写真家、広田尚敬氏についてはいつかは語らなくてはならないと思っていた。しかし、広田尚敬氏の著作物のいくつかを微力ながら筆者も手がけさせていただいたので、どう論評しても宣伝につながるのではないかと懸念し、いままで避けていたのである。だが、2007(平成19)年9月14日付けの「鉄道よもやま話」「鉄道ブームとは何か」で鉄道ブームについて今後も言及すると述べたこともあり、今回は広田尚敬氏の著作物の書評を通じて論じてみたい。
 さて、今回取り上げたいのは『鉄道写真撮影ガイド』である。本書はすでに絶版となっており、恐らく散逸したためかと思われるのだが、国立国会図書館にも収蔵されていない。ただし、筆者が調べたところ、東京都内では東京都立中央図書館をはじめ、小平市立中央図書館、江東区立江東図書館、立川市図書館では閲覧できることが判明した。また、もしも鉄道博物館に図書室が開設されればここには間違いなくあるはずだし、交通科学博物館の図書室には収蔵されている。
 いま挙げたように、読むまでの道のりが非常に険しい書物であるが、それだけの価値のある本だ。鉄道写真家を目指す人なら古書店でぜひとも入手して読むべきだし、優れた芸術家による鉄道論として鑑賞することもできる。
 書名から撮影地ガイドをまとめた本かと勘違いしてしまいがちだが、そのような記述は一切ない。「本書は、あくまでも撮影地へたどり着く前の、あるいは撮影地に行ってから写真をどのように撮るかという、鉄道写真の基本を知ってもらう本である。」(168ページ)とあるように、鉄道写真、いやそれだけではなく鉄道についての考え方ばかりが述べられているのだ。
 本文中でも単に撮影地を紹介するだけでよしとする風潮には痛烈な批判を浴びせている。92ページには「すべてがお膳立てされていて、レリーズを渡され、『ハイ』と押してでき上がる写真などは、楽しみが少なくてかわいそうにさえ思える。」とあった。この本が発行された31年前でも、イベント列車が走る日にだけ有名撮影地に人が押し寄せ、あとは知らんぷりというのが当たり前だったと筆者は感じている。広田氏は、これから鉄道写真を撮影しようと志す人たちに対し、「考えよ」というメッセージを送っているといえよう。
 いま挙げたメッセージは繰り返し登場し、本書の骨格を形成している。117ページには次のような記述があった。
「(撮影において)窮地に追い込まれるたびに、私は考える。これは苦しみではない。苦しみなどあるものか。窮地からいかにして脱するか、与えられた条件の中でいかに作画するか、そこにパズルを解くような、あるいは高等数学に挑むような楽しい作業を見出すことができないだろうか。写真も、限界ギリギリのポイントで撮影するところに、楽しさがあるように思うのだ。」
 広田氏の宣言どおり、この本では鉄道写真を撮影する際のいろいろな疑問点を実際に数式を用いて解明を試みている。そのなかで広田氏の次男でやはり鉄道写真家の広田泉氏をはじめ、筆者にも大きな影響を及ぼした記述は124ページから134ページまでの「流し撮り」だ。ここには通常あるような「流し撮りは考えるよりも実践あるのみ」だとか「運動神経を磨くべき」といった考え方を排除し、列車がどのような運動を行い、それとどう向き合うかが三角関数を用いて解説されている(残念ながら本書の数式には誤植があり、答えが一桁間違っている。正しい数値は広田尚敬著、『デジタルカメラを生かす鉄道写真』(東京堂出版、2006年1月に収録されている)。
 困ったことに、鉄道写真家よりももっと考えなくてはならないとされる鉄道書の編集者や執筆者にさえ、あまり考えなくてよいという風潮が主流を占めているのは残念だ。本当は困るのだが、三角関数を理解できないのは仕方がないとして、「数学などわからなくても実生活には困らない」などと公言している鉄道メディア関係者が何人も存在する。こうした厳しい現実を見ると、そうした人たちへの怒りよりも、そうした人たちによってつくられた書物を読まなくてはならない読者が哀れでならない。
 なぜ数学が重要なのか。それは鉄道関係の書物で最も多く扱われている車両について考えてみればすぐにわかるだろう。古くは国鉄が新車を製造したり、大幅なモデルチェンジを実施するたびに発行していた説明書、通称取説(とりせつ)をはじめ、現代でも「Rolling stock & machinery」誌(月刊、社団法人日本鉄道車両機械技術協会発行)といった鉄道専門誌で取り上げられる車両の紹介記事には数多くの数式やグラフが掲載されている。これらを理解できないということは、車両について理解できていないと言わざるを得ない。
 広田氏が優れているのは、頭で考えて撮影した写真をそうではないように見せている点だ。作品の数々は緻密な計算と持って生まれた感性とで成り立っているのだが、緻密な計算などなく、感性の赴くままに撮影したかのように表現しているため、その神髄をまねすることは極めて難しい。仮にできたとしたら、あなたは明日から鉄道写真家だ。しかし、本書を読めばあるいはそうした境地にたどり着くことができるかもしれないとの希望を抱かせてくれる。

 ここからは宣伝となるが、筆者は本書を現代の世にこそ広めることが必要だと感じ、復刻を試みた。広田氏にその旨を伝えると、新たに書き直していただけることとなり、その結果が『デジタルカメラを生かす鉄道写真』(東京堂出版、2006年1月)となって結実したのだ。この本もまた、鉄道写真の撮影術だけを指南するのではなく、鉄道写真についてあるいは鉄道、さらには人生についての考え方が満載されている。ただ残念なことにこの本は多くの方に読まれたとはいえない。鉄道写真など車両がきれいに写っていればそれでよいという風潮がますます強くなったからなのかもしれないし、作例がすべてモノクロという体裁も受け入れられなかったのも一因だろう。つまるところは筆者に能力が不足しているのかもしれない。
 しかし、そうした表層的な事象だけで読まれないのは実に惜しいことである。鉄道について、ひいては昨今の鉄道ブームについて考えてみたい方はこちらのほうが入手しやすいので勧めたい。機会があれば、『鉄道写真撮影ガイド』とも読み比べていただければより深く理解できるはずだ。

猫の神様


東良美季(とうらみき)、『猫の神様』、新潮社、2007年3月。定価:1200円(税別)。

 タイトルからもおわかりのとおり、本書は鉄道に関して記された書物ではない。当ホームページでは鉄道以外の事柄には触れないと考えていたが、今回取り上げる『猫の神様』は「鉄道ジャーナリスト」のうち、「ジャーナリスト」としての面で非常に示唆に富んだ内容となっている。こうした事情を考慮のうえ、お読みいただければ幸いだ。

 私事ではあるが、筆者は2002(平成14)年4月に飼っていた雌猫を看取った。年齢は19歳だったから、人間でいうと100歳に近い。死は悲しかったものの、大往生ということもあり、それまで病気らしい病気もせず、誇り高く生きたことにある種の尊敬の念も抱いた。
 「喪失の衝撃」をあまり感じなかったとはいえ、ごくたまに老猫のことを思い出すこともある。他の方はどうされているのだろうかとインターネット上を探したところ、出合ったのが本書の著者である東良美季氏のブログ、「毎日jogjob日誌」だった。
 東良氏は2匹の雄猫を飼っており、2匹があまり長い時間を置かずにあの世に旅立っている。その模様が克明に記されていたのだ。
 本書は、「毎日jogjob日誌」に掲載された文章をもとに、2匹の雄猫との出会いから別れまでがまとめられている。内容は決して楽しい事柄ではないのだが、読後感はとても清々しい。実際に起きた出来事ではあるが、あえて感情を抑えた著者の筆力のおかげでファンタジーの世界のようにすら感じられる。アルベール・カミュの傑作『異邦人』を読んで悲しい気分にならないのと同じことなのかもしれない。全くもって恐るべき才能だといえる。
 筆者は「毎日jogjob日誌」を読み進めていくうち、2匹の雄猫との別れをテーマにしたもの以外でも非常に秀逸な文章を書かれている事実に気づいた。率直に申し上げて、抜群にうまい文章に圧倒されたというのが正直なところで、日誌というレベルを超越している。勝手な思い込みで恐縮だが、先ほど引き合いに出した初期のカミュ(の訳文)のように、ほとばしる才気をどこかクールな文体で表現しているかのように感じられた。聞けばプロのライターなのだという。
 東良氏は、不条理な出来事についてもその不条理さをときに冷酷に、ときにドラマチックに記すことができる類い希なる才能に恵まれている。この場合の才能とは天賦のものもあるが、努力によって身に付けたものも相当数に上っていることは言うまでもない。
 後で知ったことだが、コラムニストである勝谷誠彦氏は東良氏を絶賛しておられるのだそうだ。優れた才能が正当に評価されることは我が事のようにうれしい。
 筆者が言うまでもなく、今後の東良氏には小説家あるいは随筆家という道が約束されているはずだ。願わくば、東良氏が鉄道に書いた文章も読んでみたい。間違いなく素晴らしい記事になることだろう。鉄道関係の出版社の編集各位、東良氏の登用をぜひともご検討いただきたい。

平成16年度 鉄道統計年報


国土交通省鉄道局監修、『平成16年度 鉄道統計年報』、政府資料等普及調査会、2006年3月。定価:7350円。

 7月中の発売予定が9月に、9月の予定が10月上旬、さらに10月下旬と、発売が延び延びとなっていた『平成16年度 鉄道統計年報』。何とか10月中に発売となり、手元に送られてきた。
 今年度版の最大の特徴はCD-ROM付きとなったことだ。本文中のデータがすべてExcel形式のファイルに収められているので、膨大な鉄道のデータ集計にとても役立つ。全国に何人いるのかはわからないが、筆者のような『鉄道統計年報』の「愛読者」にはとてもうれしい。
 昨年までの版とは異なり、項目欄の一部が薄いグレー色の地となり、やや見やすくなった。本書で最もページを割いている「3.財務」は88ページから256ページまで全国のすべての鉄道事業者と軌道経営者の損益計算書と貸借対照表が掲載され、例年この欄が最も見づらく目が痛くなったものだ。しかし、体裁の変更で「まあ許せる」範囲まで改善された。購入者の場合、見づらいのならばCD-ROMを利用するという選択肢もあるが、図書館等で書物だけを参照する人も多いことだろう。こうした改良は来年度以降もぜひ続けてほしい。
 今年度版の発売が延期に次ぐ延期となったのは収録されたデータに誤りがあり、監修者である国土交通省鉄道局が集計をやり直したからだという。筆者は昨年度版のデータの疑問点や誤りを見つけるたびに国土交通省業務課に問い合わせていたので、こうした個所をすべて修正したのだと思っていた。だが、早速眺めてみると相変わらず妙なデータは残ったまま。これは少々残念に思う。
 妙なデータがどこなのかをここで挙げてもよいのだが、実はこれらを近々中央書院から刊行予定の書籍で取り上げているので、もう少々お待ちいただきたい。宣伝となって恐縮だが、いわゆる都市伝説や怪奇現象を一切取り上げなくても、鉄道用語について考えるだけで奇妙な話がたくさんあるものだ。刊行された暁にはぜひ一度ご覧いただければ幸いである。
 話を元に戻そう。昨年度版の書評でも紹介したが、本書で最も残酷なデータが掲載されているのは「(24)JR旅客会社運輸成績表(延日キロ、人キロ、平均数」の旅客平均通過数量(人/キロ)、つまり旅客輸送密度だ。JR九州の九州新幹線を見ると8157人とある。あと158人少なければ8000人未満となり、世が世なら地方交通線と見なされてしまう。
 いっぽうでJR東日本の南武線は13万3284人とJR旅客会社各路線のなかでも上位を占めている。にもかかわらず、わずか6両編成の列車が大都市の路線としては比較的長い運転間隔でやって来るため、混雑は終日激しい。最大15両編成の列車が多数行き交うJR東日本高崎線の数値は11万4475人だから、南武線は高崎線をも上回っている。しかし、両線を乗り比べたならば100人が100人とも高崎線の旅客輸送密度のほうが多いと感じることだろう。それほど南武線の状況がひどいということがこの統計からもわかる。
 鉄道についての調査を行うのなら基礎資料として本書は欠かせない。購入はともかくとしてもしも図書館等で所蔵しているのなら、ぜひ一度目を通すことを勧める。

『JNR EXPRESS』


結解学、『JNR EXPRESS』、ネコ・パブリッシング、2006年7月。定価:2800円。

 書店をのぞいてみると、いまや鉄道関係の書棚は懐古物によって占められようとしている。取り上げられている年代としては高度成長期あたりが中心と言ったところだろうか。
 貴重な経験をもとに書かれているため、「いまと比べて昔はよかった」といった通り一遍の結論となっていない点が好ましい。実際に体験していたら、いや当時を知らなくても少々調べれば、すべてがバラ色に輝く時代だったとはお世辞にも言えないからだ。
 ところが、出版する側にとっては懐古物は金の卵なので、あまり批判的な口調で語ってほしくないと考えている。筆者にはそれが気にくわない。この手の本を読むと、意味の通らない文章に出くわすことがある。恐らく、執筆者の意向をねじ曲げて編集者が訂正してしまったのだろう。「過去はあくまでも美しい」ものとして書かなければならないのだろう。
 今回取り上げたいのは『JNR EXPRESS』(結解学、ネコ・パブリッシング、2006年7月)である。「昭和50年代を駆け抜けた国鉄特急・急行列車たち」という副題のとおり、昭和50年代の懐古物だ。
 本書は、1975(昭和50)年と翌1976(昭和51)年に撮影された国鉄の優等列車の写真を中心とし、当時の状況を的確に記した文章をあしらった構成となっている。日本鉄道写真作家協会会長を務める著者だけに一枚一枚の写真は素晴らしい。
 また、本書で取り上げられた特急列車と急行列車がどのように連結されていたのかも描かれているから、見ているだけても楽しくなる。記述されているように鉄道模型で再現したいという向きには最適だろう。
 例によって編集方針はあまたある懐古物と大同小異だ。編集者が作成したと思われる小見出しやキャプション類には妙な文面が多い。しかし、本書の写真や文章からはそうした編集方針とは明らかに異なった主張を感じ取ることができる。
 このころの国鉄の在来線といえば、線路は混み合い、車両は慢性的に不足気味だったにもかかわらず、多くの利用客が押し寄せていた。鉄道の黄金時代と言ってしまえばそれまでだが、当事者にとって現実とはそのような甘いものではない。そうした事実を現代に伝えようとする著者の強い意志がどのページからもうかがい知ることができる。
 本書を最も象徴しているのは表紙の写真だ。ここにはいまでも北陸線の特急「雷鳥」として活躍中の電車を用いた特急「かもめ」の写真が使われている。しかし、主役となる車両に刻まれた傷や汚れは廃車寸前の姿と言ってもよいほどのくたびれようだ。いまと比べると、当時は車両の整備や清掃が行き届いていなかった。いや、人手不足、労使関係の悪化、膨大な額の赤字などによってできなかったのだ。そうした背景がうまく表現されていると思う。
 趣味的な要素が強いため、どなたにでもお勧めできる内容ではない。とはいえ、鉄道愛好家だけでなく、昭和50年代前半の特急列車や急行列車の姿を学びたいという方々にも最適だ。

『鉄道統計年報』



 『鉄道統計年報』とはその名のとおり、鉄道に関する統計ばかりを集めた書籍である。毎年1回の発行で項目は「1.運輸」「2.作業量」「3.財務」「4.施設・車両」「5.資材」「6.職員」「7.運転事故」「8.索道」「9.附表」から成り立つ。データは鉄道事業者や軌道経営者(以下鉄道会社)ごとにまとめられ、鉄道について深く知るためには欠かせない1冊である。
 本書のデータはすべて法規に基づいて鉄道会社が国土交通省に報告したものだ。関係するものをざっと挙げると、鉄道事業法第五十五条、鉄道事業等報告規則、鉄道事故等報告規則、鉄道事業会計規則、軌道法施行規則第三十五条、軌道事業の営業報告書及び実績報告書の様式を定める告示、軌道事故等報告規則となる。
 2006(平成18)年6月時点での最新版は平成15年度版だ。この版からは「9.附表」欄に「(24)JR旅客会社運輸成績表(延日キロ、人キロ、平均数」が掲載されるようになり、JR各路線の詳細なデータを知ることができるようになった。特に興味深いのは旅客輸送密度(旅客営業キロ1km当たりの1日平均旅客輸送人員)という名でおなじみの「平均数」だ。全国一はJR東日本山手線(品川-田端間)の98万8377人で、最低は同じくJR東日本岩泉線(茂市-岩泉間)の85人だと判明する。
 余談だが、かつて国鉄一の赤字路線として名を馳せた美幸線(美深-仁宇布間)の旅客輸送密度は82人(1977年度〜1979年度の平均)。美幸線は1985(昭和60)年9月17日にバスに転換された。国鉄亡き後のJRにもこの路線とほぼ同等の閑散路線が存在しているのだ。
 残念ながら、本書に掲載されているデータにはつじつまの合わない部分や誤りが各所に見受けられる。筆者はそのつど、国土交通省や鉄道会社に問い合わせているが、そうした個所の多くはごく単純なミスによって生じたものだった。法規に則って報告や集計が行われているのだから、正確なデータを提供してほしいものだ。
 いままでの例からいうと、平成16年版は2006年7月ごろの発売となる。政府資料等普及調査会のページ(http://www.gioss.or.jp/index.html)からも購入可能なので、この機会にぜひともご一読をお勧めしたい。

『平成15年版 鉄道統計年報』、政府資料等普及調査会、2005年3月。定価:6300円。

1

search this site.